教育・保育施設、地域型保育の利用に係る支給認定(1号・2号・3号認定)

[概要]

子ども・子育て支援新制度による給付を受ける保育園、認定こども園、幼稚園、小規模保育施設、事業所内保育施設などの利用を希望する場合は、保育を必要とする事由の有無や必要量に応じて、下記区分のうちいずれかの認定を受け、支給認定証の交付を受ける必要があります。

※ただし、新制度の給付の対象外である幼稚園や、認可外保育施設を利用する場合には、支給認定を受ける必要はありません。

<各認定区分の対象者と利用できる施設>

  • 1号認定(教育標準時間認定)
    対象者:定期的な保育の必要がなく、教育のみを希望する3歳から小学校就学前までのお子さん
    利用できる施設:認定こども園(1号の定員設定のある施設)、幼稚園

  • 2号認定(保育標準時間認定または保育短時間認定)
    対象者:保護者のいずれもが保育を必要とする事由のいずれかに該当し、定期的な保育を希望する、3歳から小学校就学前までのお子さん
    利用できる施設:保育園、認定こども園

  • 3号認定(保育標準時間認定または保育短時間認定)
    対象者:保護者のいずれもが保育を必要とする事由のいずれかに該当し、定期的な保育を希望する、0歳から2歳までのお子さん
    利用できる施設:保育園、認定こども園、小規模保育施設、事業所内保育施設

<保育を必要とする事由>
  • 就労
  • 妊娠、出産
  • 保護者の疾病、障がい
  • 同居親族などの介護、看護
  • 災害復旧
  • 求職活動
  • 就学、職業訓練 など

<保育必要量に応じた区分>
  • 保育標準時間:最長11時間まで保育の利用が可能
  • 保育短時間:最長8時間まで保育の利用が可能

子育て応援情報

「ちゃむしずおか」をシェアしよう
  • つぶやく