一般不妊治療費等助成制度

[概要]

医療保険が適用されない人工授精の治療に要した経費に対し、一般不妊治療費等の助成を行います。経済的負担を軽減することで、不妊治療の機会を拡大することを目的とします。

[支給内容]

対象となる治療に要した費用のうち7割、6万3000円を上限に助成

[対象者]

次の要件を全て満たすご夫婦

  • 戸籍上婚姻関係にあること
  • 静岡市に住所があること(夫または妻の一方でも可能)
  • 医師の診断により人工授精の治療を行った方
  • 助成対象となる治療開始時点において、妻の年齢が40歳未満の方
※平成26年4月以降に治療を開始したものに限ります。

[申請できる人]

対象となるご夫婦

[申請期日]

  • 治療が終了した日※が4月から12月
    治療終了年度の年度末(翌年3月末日)まで
  • 治療が終了した日※が1月から3月
    治療が終了した日から起算して90日を経過した日まで
※治療が終了した日とは、「一般不妊治療受診等証明書(様式第2号)」に記入されている治療期間の末日

[手続きなど詳しくは]

「一般不妊治療費助成/不妊治療費助成制度について(静岡市サイト)」をご覧ください。

一般不妊治療費助成/不妊治療費助成制度について(静岡市サイト)

子育て応援情報

「ちゃむしずおか」をシェアしよう
  • つぶやく